教職センター教員紹介 本文へジャンプ
TOP
教職センター長挨拶
♪取得できる免許状
♪教職コースについて
♪教職課程室のご案内
♪教員の養成についての情報公開
♪教員免許状更新講習
                       

            おかじま つよし
      教授 
 岡島 毅

 (中央館10F 草地・畜産学教育研究室)

 名古屋大学農学部で8年間、その後、新潟
大学農学部で18年間、「現場、最優先」を
モットーとし、家畜に対する飼料供給の立場
から草地・牧草・飼料作物に関する教育・
研究に携わってきました。そして2012年5月、
本学教職センターに着任し、2017年4月より
教職センター長を任されることになりました。
 教職センター長としてセンター教職員の先
頭に立ち、教職を目指す皆さんの在学中の
勉強を手助けし、教職に就いた皆さんが酪農
学園大学での実学の経験を教育の場で活か
すことができるよう、しっかりフォローしたいと
考えています。
 教職に就く、就かないに関わらず、大切な
のは「観察眼」、「好奇心」、「感受性」。簡単
に言えば、「あっ、そうか!」と気づく心。 教
える生徒たちに気づかせることも大切ですし、
自分自身が気づくことも大切なことです。大
学教員の立場から言えば、それは研究する
心。大学生活の中で、たくさんの先生方から
そんな「研究する心」を学び取ってください。


♪♪♪♪♪ 担当教科 ♪♪♪♪

   健土健民入門実習、基礎演習T
   教職特論、サービスラーニング
   専門ゼミナールT・U・V・W、
   農業科教育法T・U、教育実習
   教職応用演習T・U、卒業論文
   教職インターンシップT・U、

  教職実践演習
           たまり かずひろ
   教授
  玉利 和弘
  (中央館10F 理科教育研究室)

 
私は25年間の高校理科の教員、5年間の
教頭、8年間の校長(上川、帯広柏葉、
札幌月寒高校)の経験を基に、「理科の
先生になりたい!」という教職コース、
教職課程の皆さんの志望を実現させる
ために精一杯頑張ります。そのために、
『高校化学教科書』『問題集』などの
執筆編集委員や全国高文連自然科学専門
部会長、日本理化学協会副会長、北海道
高等学校長協会副会長として得たものが
役立つと思います。理科教育(Science
Education)
の名のとおり研究室では、
現状と課題をふまえた新たな理科教育の
在り方の研究、中学・高校の学習指導
要領と理科教科書の内容の分析及び理解、
察、実験を中心とする新たな教材の開発
などに取り組みます。それらの活動を通
して、理科教員に求められる使命感や
専門性、人間性を高めて、教職の夢を
実現させましょう。

♪♪♪♪♪ 担当教科 ♪♪♪♪♪
           
  理科教育法T・U、教育課程論、
  専門ゼミT・U・V・W、教職特論、
  教職応用演習T・U、教育実習、
  教職実践演習、
卒業論文



             にしだ たけお 
       教授 
 西田 丈夫

  (中央館10F 農業科教育研究室)

 道内農業関係高校で38年間、教諭、教頭、校長として勤務をしてきた実践と全国の農業教育をとりまとめる全国農業高等学校長協会での役員経験を生かして、全国から集う本学学生、とりわけ農業科教員を目指す志に真摯に応え、学生の夢と目標の実現に資する教育を実践します。

 激動する社会情勢のもと、物事に対する価値観が大きく変化しています。特に「農業・食料」は国際的な観点であり、人類生存基盤の根幹でもあります。食料は机上やパソコンでは作ることはできません。「農学」で得た科学的視点を生かした「農業」実践が農業高校の果たすべき新しい役割であり、その指導者が強く求められる時代となっています。
 本研究室では、全国の農業系高等学校で活躍できる、広い視野と、科学的実践力に基づいた「人間力」「技術力」そして「総合力」を兼ね備えた農業教員の養成に努めます。

  ♪♪♪♪♪ 担当教科 ♪♪♪♪♪
           
 職業指導(農業)T・U、教育実習、
  教職応用演習T・U、卒業論文
  専門ゼミT・U・V・W、教職実践演習、
 
             すが ともこ
     准教授 
 須賀 朋子

  (中央館10F 教育発達心理学研究室)

 東京都の公立中学校で18年間英語
教諭、担任、特別支援教育コーディ
ネーター、学年主任として勤務しま
した。そのなかで発達障害について
勉強をする必要性を感じ大学院派遣
制度を利用して高機能自閉症、ADHD、
LD、心理・発達検査(WISC-W、
WAIS-V)について勉強をし、修士の
学位を頂きました。その後、筑波大学
博士後期課程、社会精神保健学分野に
入学を機に都の教員を退職し、どうし
てもやりたかったドメスティク・バイ
オレンスの研究に専念をして、博士の
学位を頂き、酪農学園大学に赴任しま
した。教員になる若い学生の皆さん
に、通常学級にも在籍する発達障害の
生徒への支援方法を教えたい、また、
現在4人に1人はDV被害を受けている
実態の世の中で、学校現場で、DV家庭
で生活をしている児童・生徒の心の
理解、保護者への配慮の必要性につ
いて教育心理学の授業のなかで教えて
いきたいと思っています。さらに、
いじめPTSDについて、不登校から
ひきこもりになる要因についても学生
と共に研究をしていきたいと思って
います。教育現場では心理と発達障害
について勉強をしておくと、多くの
児童・生徒を救うことができると考
えています。


 ♪♪♪♪♪ 担当教科 ♪♪♪♪♪

 基礎演習T、教職インターンシップU、
 
教職入門、特別支援教育論、教育心理学、
 生徒・進路指導論、教育相談論
 
教育実習、教育実践演習


          あたく きみひと 
       講師 
 安宅 仁人
     
(中央館10F 教育学研究室)

 酪農学園大学の創設者である黒澤酉蔵先生は、「酪農学園だけは本当の農民をつくり、実際の農業の改革に役立つ研究をする教育機関でなければならない」として、農民教育・酪農教育の普及に全力を注がれました。その意味で、社会発展に貢献し、次世代を育成する教員の養成もまた、本学の重要な使命といえます。
 本学では、実学教育の理念の下で実践的な教員の養成に努めてきました。 本学は、これまで農業科をはじめ多くの理科、社会科、商業科の教員を輩出しており、現在ではおよそ600名を超える酪農学園大学出身の学校教職員の方々が全国で活躍されています。
 本学の教職課程を選択した方々には、教職に関する座学以外にも、フィールド調査や農業教育ボランティアなど様々な教育プログラムが体験できる機会が提供されています。大学卒業後に教育に関わる仕事に携わりたいという熱意をお持ちの方は、ぜひ教員免許の取得に挑戦してみてください。


   
♪♪♪♪♪ 担当教科 ♪♪♪♪♪
           
  専門ゼミナールT・U・V・W、教職概論、
  サービスラーニング、教職応用演習、
  教育原理、
社会科・公民科教育法T・U、
  教職インターンシップU、教職実践演習、
  教育実習、生涯学習論、卒業論文

              おおにし ちさと
   特任教授 
 大西 千郷
   
(中央館10F 教職課程室)

 農業教員の経験を生かし、教師の素晴ら
しさや教育の重要性をしっかり理解させたい。
 また、教職センターの主旨を受け止め、教育
界に真に貢献できる教員養成に微力ながら
取り組む考えでいます。

  ♪♪♪♪♪ 担当教科 ♪♪♪♪♪
           
   特別活動論、生徒進路指導論、
   教育方法論、教職応用演習T・U、
   教職インターンシップT、教職特論、

   教育実習、教職実践演習

                 ほしば としひろ
      特任教授 
 
干場 敏博
     
(中央館10F 教職課程室)

 理科教員として38年間、高校現場で教育活動を実践してきました。教育活動を展開する中で、多くの事を学びましたし私自身も成長することができました。いつも明るく元気いっぱいな教師・謙虚さと誠実さと厳しさがある教師・常に学び挑戦する教師をモットーに教育実践し、成長し続けようと心がけました。お陰様で、多くの教え子や教職員の友人及び地域の方々と触れあい、有形無形の財産を得ることができました。

次代を担う若者(生徒)を教育する仕事はとても意義深く価値ある職業のひとつです。私たちは教師として使命感に燃え、教職を志望する方に適切なアドバイスを与えたいと考えています。酪農学園大学の「三愛精神」「健土健民」は教員に就いた時に心の大きな支えとなります。教職課程で「教師の素晴らしさ「働き甲斐」について熱く語りたいと思います。
 教師を目指す皆さん、あなた自身は自己実現に向けて段階を追って着実に努力を重ねましょう。ひとり一人が素晴らしい教員として巣立つためのお手伝いをいたします。


   ♪♪♪♪♪ 担当教科 ♪♪♪♪
  

    理科教育法V・W、教育実践演習
    サービスラーニング